安心会からのお知らせ

在宅歯科医療 症例発表会

2015年03月10日

3月7日(土)宮城県歯科医師会主催の『在宅歯科医療症例発表会・みやぎ訪問相談室登録医研修会』に、佐藤歯科医院の院長佐藤、歯科医師の島中、佐津川、歯科衛生士の堀江、相原、歯科助手の遊佐が参加してまいりました。

症例発表会では、当医院のDr.島中が『在宅歯科医療における筋萎縮性側索硬化症(ALS)症例の歯科的対応』という演題で、近年よく耳にするALS障害患者の口腔内の症例、治療への取り組み、今後の課題、問題点を発表しました。

      5imageimage54

本会では、在宅歯科医療に携わっている歯科医師、歯科衛生士が、日ごろ取り組んでいる症例、課題、成果などを発表しあい、佐藤歯科医院スタッフも、さまざまな観点からアドバイスをいただいたり意見交換をすることができ、充実した研修会となりました。

安心会 一年のしめくくりに・・・

2014年12月22日

12月20日 ホテル メトロポリタンにて安心会の忘年会を行いました。

一年を振り返り、最大の出来事といえば、4月に歯科技工所『仙台デンタルクラフト』が開設されたことがあげられます。新たな部門とスタッフが加わり、ますます活気あふれる安心会です。
歯科医師 歯科衛生士 歯科技工士 歯科アシスタント、ともに新しい年も精進していきますのでよろしくお願いします!

???????????????????????????????

???????????????????????????????

IMG_3806

???????????????????????????????

???????????????????????????????

???????????????????????????????

 

 

IMG_3819

新しい年もよろしくお願いします。

第14回日本訪問歯科医学会に参加してまいりました

2014年11月17日

11月16日、東京国際フォーラムにて日本訪問歯科医学会があり、佐藤歯科医院、歯科医師・島中が参加してまいりました。
image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国より訪問歯科診療を行っている医師、衛生士、また介護関係者が集まり情報交換を行いました。
摂食・嚥下リハビリテーション治療に積極的に取り組まれている先生が多く、胃瘻により栄養をとり、お口からお食事を摂取されてない方も、長期間のリハビリ治療を行なうことで、お口から摂取出来るようになったとの報告がありました。

リハビリ治療には誤嚥性肺炎などのリスクが伴いますので、安全に行えるよう多職種の連携が必要になります。
主治医、看護師、ケアマネージャー、ヘルパー、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、歯科医師、歯科衛生士、また、治療を行う上で患者様の食事へのモチベーション、家族様のご協力はとても重要です。

お口からお食事をとるうえで何より大切なことは、まずお口を「清潔」に保ち、唾液で「うるおす」ことです。
お口からお食事ができる喜びを感じていただけるようにと、私たちは治療や口腔ケアを行っておりますが、今回の学会のテーマでありました【その人らしさ  その人らしく】のように患者様一人一人によって目標やゴールは異なります。

患者様がその人らしく、生活を送れるように支援させていただくことが何より大切だということを
今回改めて学ばせていただきました。

情報誌『りらく』に掲載されます

2014年10月25日

image (10)

image

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台情報誌『りらく』の11月号では、11月8日の「いい歯の日」にちなみ、‘信頼できる歯科医院を見つけよう’という特集が組まれています。
その特集の中に、医療法人安心会 佐藤歯科医院の『訪問歯科診療への取り組み』が掲載されています。
老人介護保険施設での診療風景や、高齢者への口腔ケアの重要性を知って頂く為に 日頃私たちがどのような診療をしているか等の内容が掲載されています。
書店・コンビニにいった際は是非お手にとって御覧下さいね!!

『在宅医療とみんながつながる会』に参加してきました

2014年10月23日

10月22日、仙台サンプラザホテルにて開催された『在宅医療とみんながつながる会』に、佐藤歯科の院長と 歯科医師の島中、歯科衛生士の堀江・相原、歯科助手の遊佐が参加して参りました。

この会は、医療・介護・福祉に関わる職種(医師・歯科医師・看護師・歯科衛生士・介護施設長・介護福祉士・ケアマネージャー・社会福祉士・管理栄養士・薬剤師など、さらに行政)から参加構成されており、在宅医療充実のための情報交換の場として開かれている会です。

開催第7回目の今回は、「生きることの集大成を叶える在宅医療」というタイトルで 仙台往診クリニック院長の川島孝一郎先生の講演が行われ、穏やかに望む場所で最期の日まで暮らしたいと願う方々を支援する為に知っておきたい情報や知識を様々な職種の方々と意見を出し合いました。
様々な分野からの体験談や成功例、今後の支援策の課題など沢山の貴重な意見を聞くことができました。
私たちも在宅歯科診療から発信できる支援内容や意見を出させていただきました。
とても充実した講演会となりました。

image  imagep

施設での口腔ケアセミナーを実施しました

2014年10月12日

10月10日、訪問診療に伺っている特別養護老人ホーム“潮音荘”にて『高齢者向けの口腔ケア』と題し、介護士さん向けのセミナーを実施しました。

日頃、第一線で介護をしているスタッフさんがとても苦戦している、認知症患者様への口腔ケアの仕方や、高齢者には何故口腔ケアが重要なのか・・・といった内容を、歯科医師:佐藤、歯科衛生士:堀江が実践形式でアドバイスさせていただきました。
歯科の分野から、少しでも健康のお手伝い・アドバイスができたらと感じています。

 

口腔ケアの重要性・高齢者口腔ケアの注意点を説明

口腔ケアの重要性・高齢者口腔ケアの注意点を説明

開口困難者へのケアのアプローチの仕方とケアの方法を説明

開口困難者へのケアのアプローチの仕方とケアの方法を説明

スポンジブラシを使用した唾液腺マッサージの仕方を説明しています

スポンジブラシを使用した唾液腺マッサージの仕方を実践

訪問診療車が増えました

2014年08月25日

IMG_0040

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月から訪問診療車を2台に増やしました。
これまで、訪問診療の依頼をいただいても一日に伺える訪問先が限られてしまい、
患者さんにお待ちいただくことが多々ありましたが、これで同時に複数の訪問先への対応が可能となりました。
医療法人安心会 佐藤歯科医院では、これからも歯科訪問診療のさらなる充実を図っていきます。

歯科技工部がんばっています!

2014年08月25日

医療法人安心会では今年4月末、宮城野区二十人町に歯科技工所を開設しました。

IMG_0014

安心会 スタッフ歓迎会

2014年06月04日

5月31日(土)

メルパルクにて、安心会の歓迎会が行われました。
4月から新たな歯科医師が加わるとともに、新規開設した技工所『仙台デンタルクラフト』のスタッフも入社し、
医療法人安心会は今、活気に溢れています!

IMG_9475

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理事長あいさつ
IMG_9392
 

 

 

 

 

 

 

 

着任のあいさつ
IMG_9433
IMG_9445

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい歯科技工士の面々も加わりました。
IMG_9447

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報誌『りらく』に掲載されます

2014年05月09日

1068382_pIMG_8924
 
先日、情報誌『りらく』の撮影がありました。

歯科疾患の予防処置の徹底発見・早期治療を推進し、国民の健康保持を目的に6月4日~6月10日は
「6(む)4(し)」にちなんで歯と口の健康週間となっています。

株式会社プランニングオフィス社が出版している仙台発の情報雑誌『りらく』の6月号は、その歯と口の健康週間にちなみ、仙台歯科特集となっております。

私たち安心会クループの歯科治療への取り組みや、訪問診療の概要等が掲載されています。
書店・コンビニに行った際は、是非お手にとって見てみて下さいね!

りらく
(株)プランニングオフィス社出版
毎月28日発売 定価¥500

 

お子さまの予防歯科~お母様へ

2014年04月15日

虫歯になってしまったら、
歯科医院で削って詰めてどんなに上手に治療できても、 自分の持っていた天然の歯とはくらべものになりません。
子どもたちには甘い誘惑がいっぱいです。
毎日のちょっとした生活習慣に気をつけて、歯科医院での予防歯科と上手に連携をとりながら お子さまの大切な歯をいっしょに守っていきましょう!!

img013-1

スタッフミーティング

2014年04月14日

IMG_8338 IMG_8336

私たち安心会スタッフは月に1度各診療所の院長と代表のスタッフが集まりミーティングを行っております。
今後も患者様により良い診療が提供出来るよう、又お口の健康維持のため勉強して参りますので、何か診療中にご不明な点がありましたらお気軽にスタッフにお聞きくださいね。

安心会スタッフ 一年のしめくくりに…

2013年12月16日

12月14日(土)メルパルク仙台にて医療法人安心会スタッフの忘年会を行いました。

佐藤歯科スタッフ

佐藤歯科スタッフ

宮町歯科スタッフ

宮町歯科スタッフ

ヴェール歯科スタッフ

ヴェール歯科スタッフ

東宮城野歯科スタッフ

東宮城野歯科スタッフ

先生方も、今年一年ご苦労さまでした

先生方も、今年一年ご苦労さまでした

松村先生見た目どおりの飲みっぷり!

松村先生見た目どおりの飲みっぷり!

加地先生・松尾先生が着任のごあいさつ

加地先生・松尾先生が着任のごあいさつ

新しい年もスタッフ一丸となってがんばりますので よろしくお願いします

                            新しい年もスタッフ一丸となってがんばりますので よろしくお願いします

日本健康医療学会に参加してまいりました

2013年11月29日

去る11月23日(土)、西新宿の東京医科大学で行われた『日本健康医療学会総会・第6回学術大会』に参加してまいりました。
日本健康医療学会とは、医師や歯科医師のみならず、健保組合、企業などを含めた健康に関連する幅広い分野の医療関係者の有志により、健康医療、生活習慣病、末病、健診など、予防を中心に新しい医療を積極的に推進することを目的として発足した学会です。
今回の学術大会は「―チーム医療を通して口腔の健康を考える―」という副題が付いているとおり、口腔の健康管理と体全身との密接な関わりに焦点を当てた大会でした。

埼玉県越谷市で開業されている上村先生とお会いしました。

埼玉県越谷市で開業されている上村先生とお会いしました。

日本歯科東洋医学会に参加

2013年11月19日

無題

IMG_1436
11月15日~17日 大阪歯科大学創立100周年記念会館で行われた第31回日本歯科東洋医学会総会・
学術大会に参加してまいりました。
歯科東洋医学は当院の臨床でも行っていましたが、震災以来ご無沙汰になっておりました。
今回認定医試験を受験したことを契機に、今後は臨床でも積極的に取り入れていきたいと思います。
佐藤歯科医院 佐藤

トリートメントコーディネーターの資格認定書が届きました

2013年11月02日

日本歯科TC協会より トリートメントコーディネーターの資格認定書が届きました

image

廣岡☆患者様との出会いを大切にし、また患者様の笑顔が多く見れるよう今後もコミュニケーションを
   大切にしていきたいと思います。

遊佐☆患者様が治療に対しての不安や疑問を伝えやすいコーディネーターになれるよう、
   日々患者様のお声を大切にし、精進して参ります

施設での口腔ケアセミナー

2013年09月11日

9月9日、訪問歯科診療に伺っている施設・潮音荘にて、介護スタッフ向け口腔ケアのセミナーを実施しました。
口腔ケアの重要性を再認識していただき、日ごろスタッフの方々がされている入所者への口腔ケアの疑問点など、実演形式も含めてアドバイスさせていただきました。(Dr.立谷)

施設職員の方々と

施設職員の方々と口腔ケアの方法について確認


 CIMG0205 歯科衛生士の指導のもと、実際に実習を行いました[/caption]

日本歯科TC協会の資格認定講習を受講

2013年09月10日

9月1日、当院の歯科助手2名が日本歯科TC協会主催の資格認定講習を受講しました。

昨今、チーム医療の重要性が唱えられるようになり、当 医療法人安心会スタッフの中にも、それぞれの立場で自分の専門的な職務能力を身に着けたい、と考えるスタッフが増えてきました。
今回は、TCとして必要な、歯科医療現場に求められているコミュニケーションの手法と実践について学んでまいりました。

TC(トリートメントコーディネーター Treatment Coordinator )とは…
トリートメントコーディネーターは、治療者(歯科医師・歯科衛生士など)と患者の間に立ち、双方にとって満足のいく治療を進めるための調整役を行う立場の者です。
米国では名称として確立されており、高度なコミュニケーション能力で患者へのカウンセリング、プレゼンテーションを行い、時には支払についての計画まで立てることまで行っています。

【 受講した感想】
 <東宮城野歯科医院 廣岡 恵>
人と人との繋がりが薄れつつある現代ですが、私たちは日々歯科医院で患者さんとのかけがえのない出会いがあります。
今回の講習を通して、ちょっとした『会話』や『気遣い』で、もっと患者さんと心を繋ぐ事が出来る。という事を学んできました。
歯医者に通うことが苦痛ではなく、楽しみに変われるよう今まで以上に患者さんとコミュニケーションをとり、『患者さんの笑顔』を大切にしていきたい
と強く想いました。

 <佐藤歯科医院 遊佐 久美子>
私も日常の中で、内科や皮膚科など医療機関を多々利用するのですが、いざ内科の先生や皮膚科の先生が目の前に現れ診療が始まると変に緊張してしまい、気になることがあってもなかなか聞けなかったり、先生が忙しそうにしているのを見ると尚更、質問したいことがあっても聞けず終い。。。という経験をよくします。
また金額的な質問をするのは恥ずかしかったり、先生の説明がいまいち理解できなくても遠慮して聞けなかったりと。。。
そんな時に頼ってしまうのは、看護師さんだったり、助手さんだったり、受付のお姉さんだったり、しますよね。
そういった、より患者様に近い立場にいるスタッフがコミュニケーション能力をあげることにより、より円滑で双方が満足できる診療が提供できる、受ける事ができる為にはどういうコミュニケーション方法が大切かという講習を受講してきました。
沢山の知識をお持ちの講師さん方が、様々な経験から大切なことを講義してくださいました。
・昨今の歯科医療機関のあり方
・心も満たすコミュニケーションの手法
・相手の緊張感を取り除き、リラックス察せる方法
・アシスタントをする自分自身も良い精神状態を常に保つ手法
・カウンセリング(初診)の大切さとポイント
・信頼関係をつくる関わり技法 などなど。

そして最後に自分の未来の目標をたてたのですが、私の目標は、
・あの助手さんに相談すれば大丈夫だ!頼りになる!と思っていただける助手になる事。
・患者様が笑顔でご満足して治療を終えてくださる為のサービスを提供する事です。
目標に向かいまだまだ勉強中の私ですが、本当に頑張っているか見に来てくださいね!!
より質の高いコーディネーターを目指し、日々精進致します。 

スタッフ歓送迎会

2013年07月08日

7月6日(土)メルパルクにて、安心会スタッフの歓送迎会が行われました。
ヴェール歯科医院の院長だった久代暁先生が、ご開業準備のため4月末に退職され、それに伴い松村賢先生がヴェール歯科医院院長として着任。
また、春から新たな歯科衛生士3名、歯科助手2名が、安心会スタッフに加わりました。

スタッフ一同、心を合わせてこれからも頑張ります。

image (38

新しいスタッフのみなさんが、ごあいさつ

新しいスタッフのみなさんが、ごあいさつ

スタッフ最年長。パワフルです

スタッフ最年長。パワフルです

近々誕生日を迎える理事長にケーキのサプライズ

近々誕生日を迎える理事長にケーキのサプライズ

image (5) image (2) image

老年歯科医学会で発表しました

2013年06月08日

2013年6月4日(火)~6日(木)大坂国際会議場にて開催された『日本老年歯科医学会』でポスター発表を行いました。
発表の内容は、高齢者の口腔内カンジダ菌にどのような因子が強く作用するのかを研究したものです。
今年の学会は、2年に一度の日本老年医学会・日本老年社会科学会・日本基礎老化学会・日本老年精神医学会・日本老年看護学会・日本ケアマネジメント学会と合同で行われた とても大きな学会でした。
会場は、たくさんの医師・歯科医師・看護師・介護関係者であふれていました。
普段は接する機会がないような方々ともお会いすることができ、とても有意義な学会となりました。

学会ポスター

学会ポスター

ポスター発表の演題

ポスター発表の演題

東北大学 菊地教授と

東北大学 菊池教授と

当医院の立谷先生と

当医院の立谷先生と

東北大学 総合歯科診療部の皆さんと

東北大学 総合歯科診療部の皆さんと

ポスター前で質問を受けているところ

ポスター前で質問を受けているところ

皆で慰労会をしました。御苦労さまでした。

皆で慰労会をしました。御苦労さまでした。

 

佐藤歯科医院 2月1日開院です

2013年01月30日

準備完了!

 

佐藤歯科医院再開まで、だいぶ時間がかかりましたが ようやく開院となりました。

被災して以降、再開を決意するまでにはいろいろと思い悩みましたが、たくさんの患者様方のお声がけや応援に後押しされる形での実現となりました。ここまで至ることができたのは、ひとえに皆様のおかげと感謝しております。

今後とも、どうかよろしくお願いいたします。

佐藤歯科医院 まもなく開院

2013年01月25日

開院にむけて工事も急ピッチ

2月1日に佐藤歯科医院が診療を再開します。
場所は、仙台市若林区伊在字西田

診療所の工事も外構工事を残すのみとなり、明日1月26日は内覧会を催す予定です。
お近くの方、是非いらしてくださいね。

安心会忘年会

2012年12月11日

昨年は大震災に見舞われた年ということで忘年会を行うことを自粛しましたが、今年は例年どおり行いました。
今年1年間皆様大変ご苦労様でした。
スタッフの皆さんの力はもちろん業者並びに技工所の皆様のおかげで来年佐藤歯科医院を再興できることになりました。
感謝の心で今年を締めくくり来年は、気持ちを新たにして頑張りたいと思います。(理事長 佐藤 博)

安心会の仲間たち


理事長あいさつ


楽しいな~

佐藤歯科医院 再開予定地のお知らせ

2012年09月09日

佐藤歯科医院の再開予定地が決まりました。

荒浜地区が移転対象地区となったことで、なかなか場所が決まらず震災から1年半もかかってしまいましたが、ようやく再建の運びとなりました。
場所は若林区伊在字西田。 荒井仮設住宅の北側道路を道なりに西へ700メートルほどのところですので、どうかよろしくお願いいたします。

佐藤歯科医院は現在医療機関の休止届けを提出している状態ですが、年明けには再開の予定です。

スーパービッグとツルハドラッグの間を西に少し進んだところです

ホームページへのお問い合わせについて お願い

2012年02月12日

いつも安心会のホームページをご覧になって頂き、ありがとうございます。

近年では、お問い合わせフォームを利用してメールを送信してくださる方が増えて、非常に感謝いたしております。
と、そこで実は困った事態がひとつ・・・。
携帯電話からのお問い合わせに対して、こちらから返信を送信させて頂いてもメールが届かず その状況だけが知らされる・・・そんなことがたびたびあるのです。

調べたところ、患者様の携帯がPC送信のメールを拒否している場合、こちら
からの返信はお届けできないということが分かりました。
たぶん、ご自身の携帯の設定に気付かず、「返信が来ないなぁ・・・」と不愉快な気持ちでいらっしゃる方も多いのでは・・・。

安心会では、頂いたメールには必ず返信をさせていただくことにしております。
どうか、返信メールがお手元に必ず届きますよう、今一度 携帯のメール受信設定を確認してください。

東日本大震災と津波の影響について

2011年04月09日

佐藤歯科医院 院長 佐藤 博

この度の東日本大震災では、東北沿岸各地で、多くの津波被害がありました。
医療法人安心会 佐藤歯科医院も、仙台市若林区荒浜地区を襲った大津波で壊滅的被害を受けることとなり、残念ながら閉院を余儀なくされることとなりました。

おかげさまで医療法人安心会の全スタッフは、佐藤歯科医院のスタッフを含め全員無事が確認され、震災発生時佐藤歯科医院で治療を受けておられた患者さんも迅速な避難により津波に巻き込まれることなく無事が確認されました。しかしその一方、日ごとに被害状況が分かるにつれ、荒浜にお住まいの多くの方々が、安否不明 もしくは犠牲になられたということが分かり、愕然としている次第です。

市内中心部から、のどかな田園地帯を通り抜けるとそこに存在した海辺の町。人情味あふれ、ほのぼのと暮らす荒浜の町の皆さんは、22年前、我が佐藤歯科医院が開業した折に「やっと町に医療機関ができた、嬉しい!」と快く私たちを受け入れてくださいました。以来、地元の方々から教わったこと、頂いた温情は数知れません。ずっと当医院を育て見守って下さった皆さんの暮らしが、一瞬にして失われてしまったことに対する憤りをどこにもぶつけることができず、歯がゆいばかりです。

untitled

震災数日後、荒浜地区に入ることを許され、その状況を確認してきました。
あの美しい田園地帯は見る影もなく、自然の猛威には恐れを感じるばかりでした。市内中心部とは天国と地獄の差を感じました。
そんな折、診療所のあった地点から3キロほど離れた場所に、佐藤歯科医院の看板を見つけました。こんなに押し流されたにも関わらず、その看板は倒れることもなく雄々しく立っていたのです。半ば憔悴しきっていた私は、その姿を見て考えを改めさせられました。未曾有の惨事の中でも荒浜の皆さまに守られ倒れることなくここに立っている…。ぼんやりしている場合ではない、やはり頑張るしかないと、奮起させられたのです。

現在、荒浜地区は行方不明者の捜索や瓦礫の撤去のため、自衛隊、警察、消防の方々が作業をし続けておられます。私も警察の要請により身元確認のお手伝いをさせていただきましたが、まさかこんな形でお会いするなんて夢にも思いませんでした。一刻も早く、町の方々の消息が確認されることを祈るばかりです。
多くの不安を抱え避難所におられる方々、これまで佐藤歯科医院を愛してくださった方々のために私ができることは、やはり地域のみなさんに歯科医療で御恩返しすることだと強く強く考えました。
復興までの道のりはまだまだ遠いものかもしれませんが、微力ながらみなさんとともに歩んでいきたいと考え、避難所に近い東宮城野歯科医院にて院長として赴任し、歯科診療を継続させて頂きたいと考えています。

被災者の方々が、一日でも早く平常な生活にもどられるように祈念いたします。
また、報道を知った数多くの方々から、安否確認やお見舞いのお問い合わせをいただき、大変有難い気持ちでいっぱいです。
今後も、医療法人安心会をよろしくお願いいたします。

医療法人安心会 理事長
佐藤歯科医院 院長
佐藤 博

お口の健康教室

2011年02月02日

☆日時 2011年1月11日
☆場所 下荒井公会堂

下荒井公会堂でお口と全身の健康に関わるお話をしてきました!!
歯磨き指導やゲームをして楽しみながら行いました♪♪
メモをとっている方や質問してくださる方など皆さんに興味をもっていただきうれしかったです(^_^)v

お口の細菌から誤嚥性肺炎に関わる説明をしています(*^_^*)

だ液が出るマッサージをしているところです。
「ジワジワ出てくる!!」と好評でした(^o^)

口の周りの筋肉を鍛えるゲームです。割り箸をくわえて輪ゴムをとなりの人に渡していきます。二列に分かれて競争しました♪♪

口の周りの筋肉を鍛えるゲームです。割り箸をくわえて輪ゴムをとなりの人に渡していきます。二列に分かれて競争しました♪♪

みなさんの笑顔に私も癒されました(*^_^*)
ご清聴ありがとうございました☆

口腔ケアQ&A

2009年08月31日

6月に、特別養護老人ホームにて職員対象の『口腔ケアに関する講習会』を行いましたが、
その後、職員の方々からいただいた講習会の感想の中に

「口腔ケア、こんな時具体的にどうしたら良いの?」

という質問が数多く含まれていました。

今回、そのいくつかの質問にお答えしたいと思います。

Q、どのようにしたら、口をあけてもらえるのか?

A、まずはリラックス。
  利用者さんの中には歯みがきをするという習慣が無い方 います。
  そういったことも頭に入れておきながら口腔ケアを行うことも大切です。
  無理に押さえつけて行うことはなるべく避けて、
  肩や首、唇、頬などをマッサージしてから行う、
  こうすると筋肉がほぐれるため大きく開いてくれたりしやすくなります。

————————————————————-

Q、口臭予防はどのようにすればよいか?

A、まずは、口腔内に磨き残しや植物残渣が残っていることが考えられます。
  ブラッシングを続けてみてください。
  また、虫歯や歯周病が進行している場合も考えられます。(特に歯周病の方を要注意)
  これは、歯科医院での治療が必要になります。
  放っておいても治るものではありませんので早めの受診をお薦めします。

————————————————————-

Q、一度の口腔ケアで、うがいは何回くらい行えばいいか?

A、①清掃を始める前
  ②歯ブラシで磨いた後(だ液が多い方、または残存歯が多い方は上下で1回ずつうがいを行っても良い)
  ③歯間ブラシや舌ブラシを使用した後

————————————————————-

Q、歯間ブラシを使用した際に血が出ても、やり続けてもよいのでしょうか?

A、歯間ブラシを使用中の出血は歯ぐきが炎症をおこしているためと考えられます。
もともと歯ぐきの近くに磨き残しがたまってしまうと、腫れ、出血といった炎症がおきます。
これを改善するには歯ブラシと歯間ブラシが必要になってきます。
歯間ブラシを使用していくうちに(2週間くらいで)歯茎の炎症がなくなり出血も出なくなります。
ただし、誤った方法で使用している時も出血する場合があります。
その場合は痛みを伴うので、その点で判断していただくと良いと思われます。

————————————————————-

Q、歯ブラシを噛んでしまって、口をあけてくれない

A、頬や顎をマッサージして、筋肉の緊張を取り除きリラックスしていただきましょう。
  また、磨く前に歯ブラシに慣れてもらうように唇や歯ぐきにブラシを当ててマサージをしてみてください。
  何回か行うことで少しずつ慣れて、開いてくれるようになると思われます。

————————————————————-

Q、舌苔除去の際、嘔吐(吐き気)がみられる方に対しての方法

A、舌根の近いところまでブラシを当ててしまうと嘔吐反射が起きます。
  また、その反射が過敏な方もいますので、
  舌の中心から舌の先ぐらいをなでるように行ってください。

————————————————————-

Q、入れ歯の管理の仕方について聞きたい

A、日中は、食後にはずしてブラシで洗い装着していただく。
  (食物残渣の除去や口腔内のバイキンの繁殖を防ぐため)
  長時間入れ歯を装着したままだと口の粘膜に負担がかかるため、
  就寝時ははずして頂き、水中に保管する。
  (入れ歯の変形を防ぐため、必ず水中に保管しましょう)

————————————————————-

Q、口腔ケアについて意識が低い入居者の方が多いため、その方達に講習会を行ってほしい

A、是非行わせていただきます。
  現在も各地域で行われている介護予防教室などに出向き、
  高齢者の方々に講話をしております。

————————————————————-

Q、口腔ケアが充分に行えているのか否か基準が分からない

A、歯垢染め出し液という、磨き残しの部分だけに色がつくものがあります。
  磨き残しなどは無色ですので、どこに汚れがついているのか分かりにくいです。
  そのため、染め出し液を使用すると
  汚れが残っているところだけが赤く染まるので、大変分かりやすいです。
  
  磨けているかどうかという基準は、歯と歯の間、歯と歯茎の境目の赤く染まった部分が
  全体の1/5以下であれば、きちんと磨けていると判断してよいとなっております。
  しかし、麻痺などによって食物残渣がたまりやすい方は、
  まずはそれをきれいに取り除くことが大切です。
  
  個人個人の自立度に応じて目標値などを設定して行うと良いかもしれません。
  
  例えば、

  ・自立度の高い人は染め出し液での値が1/5以下を目標とし、
  ・支援が必要な方には、食物残渣や舌苔の除去、口腔内の乾燥を防ぐなどを目標とする

  など、その方に合わせて目標を決めていただくと良いと思います。

おかげさまで20周年

2009年05月11日

荒浜 佐藤歯科医院が開業20周年を迎えました。
平成元年4月1日に開院。
それ以来ずっと、地元のみなさまに育まれつつ今日に至っております。
かの地も類にたがわず高齢化地域。
長年お付き合いさせていただいている患者さんのために、少しでもお役に立つことができれば・・・
と、現在佐藤歯科医院では予防歯科や訪問歯科診療の充実に力を入れています。

TOP